看護師の仕事はハード?

病院によって看護師の勤務時間が長いことがあります。
そういう病院は、人件費を節約するために看護師を極端に減らして、ローテーションしているところが多いでしょう。
そんな病院だと、看護師が慢性的な疲労状態で、医療ミスを起こしやすいというデータがあるので、就職活動をするときはちゃんとチェックしたほうが良いです。
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚していて、子供がいたりする人は土日が休みになっていたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。
病院以外のところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
ナースは病棟の同僚と打ち上げをすることがあります。
人手が足りていないので、全員出席することは滅多にありませんが、なんとか合間を縫ってみんなで飲みに行きます。
こんな患者さんがいた、こんなドクターがいた、と話は尽きないので、みんなで話してスッキリして飲み会は明るい雰囲気です。
日本にいる看護師の年収は平均して437万円程度です。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収は平均593万円程度になります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院と比較すると高く、福利厚生もより充実しています。
准看護師のケースは、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いです。