フレッツ光プロバイダ一利用料

フレッツ光のプロバイダ利用料は、一括請求にしておくと便利ですね。
クレジットカードの登録も要りませんし、フレッツ回線の利用料の引き落としと合算して請求が来ますし、ネット上のサイト@ビリングにログインして気になったときに料金の確認をすることも可能です。
NTTに口座振替の手続きをすることで、一括してプロバイダ料金も引き落としになるのでフレッツ通信にかかる費用がまとめられて良いですね。
Withフレッツに対応しているプロバイダは、ぷらら、asahiネット、OCN、BIGLOBE、BBexite、So-net、DTI、@nifty、hi-ho、wakwakなどとなっています。
フレッツとの組み合わせの相性も良く、取り扱い数も多いところばかりですから、フレッツ光をお得に使ってみたいと思うなら、要チェックですね.