白髪染めのメカニズムはどうなってるの?

白髪染めの仕組みについてお話したいと思います。
白髪染めは一般に1剤と2剤に別れており、使用する直前に2つの薬液を混合して塗布するように作られています。
見た目は2つの薬液に別れていないムースタイプのようなものもありますが、実際にはこれらも2つの薬液に別れており、ムースが噴出される直前に混合する仕組みになっています。
初めから混ぜて売っていれば楽でいいものを、わざわざ2つの薬液に別けてあるのは、混合した瞬間から発色のための反応が始まり、この反応を利用して髪を染める必要があるためです。
ちなみに、混合したまま使用せずにしばらく放置してしまうと、使用できなくなってしまうので注意が必要です。
それでは実際に髪が染まるまでのメカニズムを説明します。
髪を染めるのに邪魔をするものがあります。
それが髪の毛の表面を覆うキューティクル。
染料をしっかり浸透させるにはまず、キューティクルを開かせる必要があります。
この開かせる役割を果たしているのが1剤に含まれるアルカリ剤です。
また、1剤には酸化染料というものも含まれています。
酸化染料にはジアミン系の成分が使用されており、これが白髪染めの際の色素の元となります。
次に2剤ですが、これは酸化剤(過酸化水素水)と呼ばれています。
1剤のアルカリ剤と合わさることで、酸化染料の発色を促進し、ユニークな色合いを出すことができます。
これらの仕組みを持った染毛剤は特に「永久染毛剤」と呼ばれています。
同じ髪を染めるものにヘアカラーというものがありますが、基本的には同様の仕組みです。
ただし、白髪染めは白髪を染めるため、ヘアカラーは黒髪を染めるための成分配合になっているので、自分の髪の色に適した染毛剤を使用することをお勧め致します。
(ちなみに、ヘアカラータイプの白髪染めというのもあります。
)白髪染めをした後は、多かれ少なかれ髪の毛が痛んでしまいます。
これは、1剤のキューティクルを開かせる作用により、髪の毛を構成しているたんぱく質にダメージを与えるためです。
一度開いたキューティクルは、髪の毛からはがれやすくなり、切れ毛などの原因になることがあります。
それを少しでも防ぐために、白髪染めはしっかりと洗い落としましょう。
薬剤が少しでも髪に残っていると、残った薬剤が反応してしまい、長時間に渡って髪の毛にダメージを与える可能性があります。
また、白髪染めをした後はトリートメントなどでしっかりと後手入れをしましょう。
痛んだキューティクルを守り、白髪染めの色素をしっかりと定着させる効果もあります。